04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

非常ボタン

プロフィール

バロメーター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

アクセスランキング

FC2ブログランキング

野菜果物辞典

こんなブログ壊してしまえ!

勝手にドコモ。

生きることはヘビーメタルだぁ!

立ち上がれ!ロスジェネ世代!! 21世紀で奮闘する30オヤジの息抜き日記です(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: -- |  cm: --
go page top

スライムベス発見!


本日、仕事中になんとなんと (◎o◎)
「スライムベス」を大量捕獲いたしました!
スライムベス発見! おおっ!!

どうせなら売ってしまえということで1匹128円で売ってみました。
一家に一匹スライムベス!ってな感じで、なかなか好評でしたよ。

・・・ん!?何かが違うって?

すいません<(_ _)> トマトでしたw

というわけでこのトマト、「ファースト」という品種のトマトです。
いわゆる昔ながらの味わいを楽しめます。

独特のあお臭さや、種周りの渋みが特徴です。
子供の頃食べていたトマトってみんなこんな形でこんな味してたような気がします。

最近では「桃太郎品種」のトマトが主力なので
逆に珍しく思うお客さんが多いのかな?
今時はなんでも甘さが求められるので、
野菜本来の味を失っている品目があるのが現実ですね。
※日本の農業はそれだけ品種改良の技術を有しているということですが・・・

商売的には桃太郎種が扱いやすいのでどうしてもそちらを提供してしまいますが、
このファースト種で糖度を出せる農家さんは
『本当のトマトマスター』であると思いますね。
ファーストトマトは愛知県と茨城の竜ヶ崎が産地として有名です。


ん??

・・・・え!!「スライムベス」を知らないって!?
そんな方へ↓

「はちべえ@的スライム講座」です(笑)
スライムベス こんなのですね。

赤色(もしくはオレンジ色)のスライムで
言わずと知れた「ドラゴンクエスト」のモンスター。
『V』以外の全ての本編に登場しているハズ・・・です。

名前の由来は諸説あって、
スライムのメス(スライム+エリザベスのベス)
であるともいわれていますが、真偽は不明。
食草の少ない所に生息するため雑食となったスライムであり
体色が赤いのは血を吸ったからともいわれ、闘争心が強いとされる。
現在は「ただの突然変異」であるという説が最有力のようですね。

モンスターとしてはスライムよりも若干強いんですが、弱いですw
しかし「スラ・バーニング」を覚えると劇的に活躍できますが(笑)

なんにせよカワイイじゃぁないですか(^-^)

参考:wikipedia スライム (ドラゴンクエスト)のページ



コレのせいで激務です(+_+)
コレのせいで忙しい毎日ですね~
しかも、4月の人事で別店舗へ異動となりました。
しばらく激務が続きそうです・・・
まぁ、去年の今頃を考えたら天国ですけどね。
(実は異動を機に昇進してたりして・・・フフフッ( ̄∀ ̄))

では
スポンサーサイト

カテゴリ: 野菜売りのつぶやき

テーマ: 日記
ジャンル: 音楽

tb: 0 |  cm: 6
go page top

もう、お彼岸ですねぇ(-_-;)

時の流れが早すぎる・・・もう3月の折り返し、もう春の彼岸ですね。
誰しも、卒業・入学・入社等、人生の転機をむかえる思い出多い時期でしょう。
去年の今頃は~なんて考えるていると、一年なんてあっという間だなぁ^_^;
「もう少しゆっくりと時が流れてほしいな」と最近思います・・・


どうも、はちべえ@です。illust02.gif

今日はメタルやらギターやらではなく『八百屋』らしいネタです(笑)

今週末は3連休ということで、
帰省する方、家族サービスに勤しむ方、行楽に出かける方、
この連休を楽しみにしている方も多いことでしょう。
(オイラは激しく野菜売りをしてるわけですが(T_T)v)

『田舎のちっちゃなスーパーの野菜売り』としては、
ぜひこの連休で【旬の春野菜】を食してほしいな・・・と、

「四季を食する」というのが日本の食文化の大きな楽しみですよね!
春の野菜といっても沢山ありますが、スーパーには日本中の春野菜がならんでます。

春野菜
春キャベツ(新きゃべつ)、菜の花、せり、蕗(ふき)、セロリ、たけのこ
グリーンピース、スナップえんどう、そら豆、アスパラガス、新玉ねぎ
さやえんどう、明日葉(あしたば)、独活(うど)、ふきのとう、たらの芽 等々


春の野菜。いくらでもありますね。
で、どうやって食べたら美味しいのか?
→ググってください!(無責任なwww)

オイラのおススメは、天ぷら。四の五の言わず揚げてしまえ!!!と(笑)
img201_200604_2_4.jpg
「ふきのとう」や「たらの芽」なぞはホントこの時期にしか食べないなぁ・・・
サクサク揚がる天ぷら粉を使うと、サクッサクな美味しい天麩羅が!
(そのまんまじゃねぇか!ってツッコミが聴こえましたw)

でもって、ホカホカごはんにめんつゆ&大根おろしでこの天麩羅おぉー(^-^)

うっ、腹減ってきたなww


それと、この連休ではるばる『房総』の方へ遊びに来るという方、
観て食べて楽しめる「菜の花」を満喫してくださいね!おススメします!!
「南房総市の菜の花祭り」とか「道の駅とみうら」とか有名?ですよ。
  ↑興味ある方はググってください↑

あと、イチゴ狩りもお勧めしますね。ゴールデンウィーク頃までOKですから。


オマケ。
小玉スイカ

うちの店で売ってる「小玉スイカ」です!(ちなみに茨城産)
ここ数日、日中は暖かかったので急に売れ始めましたよ。
今やほぼ年間通して売ることができるので珍しさは薄れましたが、
「えぇ!もうスイカあるの?」と言って、
彼岸の帰省用に買っていったお客さんが結構いますね。

これぞスイカ!という地場の大玉がでてくるのは6月頃半ば頃なので
それまではこの早生小玉が重宝です。
個人的には夏場の大玉より、早生の小玉種の方が甘すぎず
シャリッとした歯触りなので好きだったりします(^-^)v

最後まで読んでくれてありがとうございまする<(_ _)>
では 

カテゴリ: 野菜売りのつぶやき

テーマ: 今日のつぶやき
ジャンル: 日記

tb: 0 |  cm: 6
go page top

バカ売れ「塩昆布」

※メタルな話ではありませんが、たまには職場ネタで・・・

ここは田舎のちっちゃなスーパー。
今日もせっせと野菜売りは働くッス!
『毎日、開店と同時にやってくる、いつものおばちゃん!
今日もご来店有難う!!!!!』

客数は前年並なんですが、客単価が↓なので、
売上的には昨年比90%そこそこです。
食品小売業界はどこもこんな感じみたいですね。なんだかんだでキビシイな・・・

で、最近こんなものが爆発的な売れ行きです!!

くらこん「塩昆布」


小倉屋昆布(くらこん)の「塩こんぶ」
バカ売れしてます。
どうやら全国的に流行ってるようですね!
CMもやってますよね。(塩こん部長のヤツ・・・) →くらこんホームページ
わが店では、178円で売ってます!
198円~238円あたりが実勢価格ですね。
安売りに命かける我が職場はこんなものも競合店よりかなり安い・・・

おむすびの具に、白飯のおともに、浅漬けに、あえ物に・・・etc
いろんな使い方ができる商品ですね。
「きゅうり」や「大根」の脇にちゃっかり山積みにしてありますが、
ウソのように売れてますw

皆さん一度お試しあれ!以外とハマると思いますよ!!


そういえば「はちべえトマト」はどうしたのかって?

はちべえトマトもバカ売れ・・・か?
こんな感じで売ってますよ!
通常の3倍の量を陳列してます。
しばらくパックトマトはコレ以外売る気ありません(笑)
毎日、オイラがほくそ笑みながら並べてますww
あんまりやりすぎると、そのうち怒られそうだが・・・

カテゴリ: 野菜売りのつぶやき

テーマ: 今日のつぶやき
ジャンル: 日記

tb: 0 |  cm: 6
go page top

春の七草

野菜売りのつぶやきvol.1
「春の七草」
皆さん1月7日は春の七草を使って「七草がゆ」を食べましょう!

七草セット。
「春の七草」セットを店頭販売していると、
お正月もそろそろ終わりだなと・・・感じますね。

※日本では、1月7日の朝に七草粥(ななくさがゆ)を食べる風習があります。
正月のごちそうで疲れ気味の胃を休める・・・という意味があるようで、
そのルーツは平安時代にあると言われています。


春の七草とは?って方にご紹介です↓
春の七草.



【1】せり=セリ
日本原産の野菜で、特有の強い香りと歯ざわり、鮮やかな色が特徴です。
清水の湧き出るところに競り合って生えることから「セリ」と名付けられたという説も。

【2】ごぎょう=ハハコグサ
草全体が白い毛におおわれており、厚ぼったく、茎は根元から株のようになっています。
春黄色の小さな花を茎の先にたくさんつけます。

【3】ほとけのざ=田平子(たびらこ)
高さ10cmほどで、冬、水田などの土にへばりつくように葉を広げています。

【4】すずな=カブ
根に多いアミラーゼは、消化吸収を促す作用があります。
また、葉はカロテン、ビタミンC、カルシウムなど、多くの栄養成分を含んでいます。

【5】なずな=ナズナ
畑や道端、土手、荒れ地など日当たりの良いところに生える二年草で
「ぺんぺん草」とも呼ばれています。

【6】はこべら=ハコベ
先に小さな白色の花をつける二年草で、別名「ヒヨコ草」とも言います。

【7】すずしろ=ダイコン
カブ同様、消化に良いジアスターゼを含んでいるなじみの野菜。
葉にはカロテン、ビタミンCやE、カルシウムなどが豊富に含まれています



このように七草粥は、それぞれの成分やビタミン類など、
まさに日本人の知恵が生んだ薬膳料理の代表と言っても良いでしょう。
ナズナやごぎょう、はこべらなどは、通常は八百屋でも取り扱うことは無く、
見かけることが少なくなっていますが、最近ではどこのスーパーでも
正月あけには、お手軽「七草セット」が売られていますからぜひ利用して見てね!
手に入らなければ、
大根、カブ、セリなど、いつでも手に入る野菜だけでもかまわないでしょう。

大切なのは、日本の伝統と先人の知恵を
現行の若い世代、少人数家庭で生かし伝えていくことだと思うのです。
小売スーパーに従事する者として、こういった催事を提案し続けていくことが
日本の食文化を守っていくことであるとの使命感を持っています!!
とまでいったら大げさですが、
皆さんぜひこういった季節の食文化をご家族で楽しんでくださいね!
田舎の野菜売りの切なる願いです・・・

参考までに簡単なレシピも載せときますね(^^)v


Nanakusa_gayu_.jpg
【簡単七草粥レシピ!】→ 超適当ですw

お米から炊くお粥はとてもおいしいのですが、時間がかかります。
そこで、ご飯からできる簡単七草粥はいかがでしょう。

【基本の材料:約4人分】
七草など・・・適量
だし汁・・・カップ5
ご 飯・・・茶碗2杯

【基本の下準備】
(1)七草は塩少々を入れた熱湯で軽く下茹でし冷水にとって水気を絞る。細かく刻む。
(2)ご飯はザルに入れ、流水でさっと洗い、粘りをとる。
(3)鍋にだし汁(顆粒だしでもOK)を入れて沸騰させ、(1)と(2)を入れる。

▼ポイント
ご飯を流水で洗うことで、短時間でサラッとしたお粥に仕上げることができます。
好みで鶏肉や溶き卵などを加えてもおいしいです。
私はこの基本粥に醤油を混ぜて、刻みゆずを入れる醤油風味が大好きです!


参考:楽しいお料理サイト「食楽レシピ!」/春の七草より



illust02.gif
ぜひ、明日は「七草粥」を奥様にリクエストしてくださいね!
奥さんいねぇぞ(怒)!って方はご自分で・・・(^^)/

 


※1日1回 ↓ のバーナー&拍手ボタンをポチッと押していただけると、
ブログ更新の活力になります。 気が向いたらワンクリックしてあげてください<(_ _)>

カテゴリ: 野菜売りのつぶやき

テーマ: 今日のつぶやき
ジャンル: 日記

tb: 0 |  cm: 8
go page top

いちご。

祝!
おかげさまで累計訪問者数「1000」達成です。

えっ、やっと1000かよ!?・・・って声が聞こえてきそうですが
こんなブログを見て頂いている方々。
有難うございます。<(_ _)>


ということで、今日は「いちご」について八百屋のひとりごとです。

いちご#9829; イチゴの販売がボチボチと始まりました。

イチゴはおいしいだけでなくビタミンCが豊富な果物ですね。
5~6粒で1日の所要量をカバーするといわれます。
イチゴといえば、ちょっと前までは「女峰」や「とよのか」が主流でしたが、
最近では「とちおとめ」や「あまおう」、「紅ほっぺ」など、
より甘みの強いイチゴが主流になっていますね。

イチゴの年間出荷量は約173,400トン(2007年)。
主な産地は栃木県や福岡県ですが、北海道から沖縄まで日本全国で栽培されています。

北海道でも、沖縄でもイチゴあるんですね。
日本人の栽培技術ってのは世界一だなぁ、と感心しますね。

生産力で言えば「栃木県」が出荷量28,300tでダントツの1位です。
全国シェア16%もあります。2位以下は福岡、熊本、静岡、佐賀と続きます。

出始めの11月は九州のいちごが安定しているように思います。福岡産「あまおう」など。
年が明けて2月以降のピーク時になると関東のイチゴは最高ですね。
栃木、茨城、千葉。
おっと、研究熱心な農家さんが多い静岡を忘れたら怒られますね(汗)

個人的にお勧めなのが「さがほのか」
sagahonoka001.jpg sagahonoka002.jpg

いちごミルクにするにはコレが一番いいです!
酸味が少なく甘みの強いイチゴで、「大錦」×「とよのか」として佐賀県で育成され
2001年(平成13年)に品種登録されました。
わずか数年で生産量が急増し、西日本を中心に人気が高まっています。
果実は比較的大きめで、中の果肉が白いのが特徴です。

あまり関東では出回りませんが・・・

総合力ではやはり「とちおとめ」になりますね。
圧倒的に日持ちがするので、八百屋としては好都合であります。

イチゴ農家のみなさん今季も来年5月のGW頃まで頑張って稼いでください!

参考:農林水産省生産出荷統計2007/果物ナビ



illust02.gif 相変わらず「ブログタイトル」に見合わないネタばかりだなぁ・・・

 ※1日1回 ↓ のバーナー&拍手ボタンをポチッと押していただけると、
ブログ更新の活力になります。 気が向いたらワンクリックしてあげてください<(_ _)>

カテゴリ: 野菜売りのつぶやき

tb: 0 |  cm: 2
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。