10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

非常ボタン

プロフィール

バロメーター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

アクセスランキング

FC2ブログランキング

野菜果物辞典

こんなブログ壊してしまえ!

勝手にドコモ。

生きることはヘビーメタルだぁ!

立ち上がれ!ロスジェネ世代!! 21世紀で奮闘する30オヤジの息抜き日記です(笑)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: -- |  cm: --
go page top

いちご。

祝!
おかげさまで累計訪問者数「1000」達成です。

えっ、やっと1000かよ!?・・・って声が聞こえてきそうですが
こんなブログを見て頂いている方々。
有難うございます。<(_ _)>


ということで、今日は「いちご」について八百屋のひとりごとです。

いちご#9829; イチゴの販売がボチボチと始まりました。

イチゴはおいしいだけでなくビタミンCが豊富な果物ですね。
5~6粒で1日の所要量をカバーするといわれます。
イチゴといえば、ちょっと前までは「女峰」や「とよのか」が主流でしたが、
最近では「とちおとめ」や「あまおう」、「紅ほっぺ」など、
より甘みの強いイチゴが主流になっていますね。

イチゴの年間出荷量は約173,400トン(2007年)。
主な産地は栃木県や福岡県ですが、北海道から沖縄まで日本全国で栽培されています。

北海道でも、沖縄でもイチゴあるんですね。
日本人の栽培技術ってのは世界一だなぁ、と感心しますね。

生産力で言えば「栃木県」が出荷量28,300tでダントツの1位です。
全国シェア16%もあります。2位以下は福岡、熊本、静岡、佐賀と続きます。

出始めの11月は九州のいちごが安定しているように思います。福岡産「あまおう」など。
年が明けて2月以降のピーク時になると関東のイチゴは最高ですね。
栃木、茨城、千葉。
おっと、研究熱心な農家さんが多い静岡を忘れたら怒られますね(汗)

個人的にお勧めなのが「さがほのか」
sagahonoka001.jpg sagahonoka002.jpg

いちごミルクにするにはコレが一番いいです!
酸味が少なく甘みの強いイチゴで、「大錦」×「とよのか」として佐賀県で育成され
2001年(平成13年)に品種登録されました。
わずか数年で生産量が急増し、西日本を中心に人気が高まっています。
果実は比較的大きめで、中の果肉が白いのが特徴です。

あまり関東では出回りませんが・・・

総合力ではやはり「とちおとめ」になりますね。
圧倒的に日持ちがするので、八百屋としては好都合であります。

イチゴ農家のみなさん今季も来年5月のGW頃まで頑張って稼いでください!

参考:農林水産省生産出荷統計2007/果物ナビ



illust02.gif 相変わらず「ブログタイトル」に見合わないネタばかりだなぁ・・・

 ※1日1回 ↓ のバーナー&拍手ボタンをポチッと押していただけると、
ブログ更新の活力になります。 気が向いたらワンクリックしてあげてください<(_ _)>

スポンサーサイト

カテゴリ: 野菜売りのつぶやき

tb: 0 |  cm: 2
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。